BMW 駆け抜ける喜び

newsNEWS

YANASE BMW
Official Information Site

2021.12.14

東京|BMW世田谷が新型「BMW X3」と「BMW X4」をご紹介!

BMW世田谷支店のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

BMWは、プレミアム・ミドル・クラスSAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)の「BMW X3」、および、プレミアム・ミドル・クラスSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)の「BMW X4」の新型モデルを発表いたしました。

 

ご興味ございましたら、お気軽にセールス・コンサルタントまでお問い合わせください!

 

 

新型「BMW X3」「BMW X4」

新型BMW X32017年10月にフルモデルチェンジされてからちょうど4年目のLCI(「Life Cycle Impulse」ビッグ・マイナーチェンジ)モデルの発表となります。

 

ドイツでは6月にすでに発表されているためご存知の方も多いかと思いますが、ようやく10月28日より国内で販売を開始しました。

 

今回のモデルチェンジで「BMW X3」および「BMW X4」は、エクステリア・デザインや運転支援システムの数々が進化しております。

ご興味をいただけましたら、ぜひショールームへお越しください!

 

エクステリア・デザイン

新型BMW X4

「BMW X3」および「BMW X4」はモデルチェンジによって、エクステリア・デザインが進化しております。

フロントおよびリア・デザインがよりシャープになり、精悍に進化しました。

 

フロント・デザインにおいては、BMW特有のキドニー・グリルを左右一体構造にし、よりパワフルな印象を与えると共に、空力特性に優れたフロント・バンパーを採用。

また、最新のヘッドライト・デザインが取り入れられております。

 

リアにおいては、新規にデザインしたリア・バンパーやテール・ライトを採用するなど、存在感が増しております。

 

特に「BMW X3」のテール・ライトは、一目でその違いをお分かりいただけるようなデザインに!

 

ボディ・カラーは、ラインアップから「グレイシャー・シルバー」が無くなりましたが、新たに「ブルックリン・グレー」が加わりました。

 

さらに「BMW X4」では「フラメンコ・レッド」に代わり「ピエモンテ・レッド」も追加されます。

 

運転支援システム

従来モデルは2眼カメラとミリ波レーダーを搭載しておりましたが、新型モデルは高性能3眼カメラとレーダーを搭載。

高性能プロセッサーによる高い解析能力によって、より精度と正確性が向上した最先端の運転支援システムを標準装備しております。

 

これにより、高速道路での渋滞時において、ハンドルから手を放し、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システムである「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が使用できるようになりました。

 

さらに、「アクティブ・クルーズ・コントロール(ACC)(ストップ&ゴー機能付)」の精度も向上しております。

ACCでの走行中、ウインカー操作だけで車線変更を行う「レーン・チェンジ・アシスト」も使用できるようになります。

 

また、ACCの使用において、停車時から発進する際に必要であったアクセルやボタンの操作が原則不要となり、利便性・快適性も向上しております。

 

安全装備では、「レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)」「レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)」「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」「サイド・コリジョン・プロテクション」および「衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)」「クロス・トラフィック・ウォーニング」を装備。

精度と正確性が向上し、安全性をさらに高めております。

 

加えて、「ペダル踏み間違い急発進抑制機能」も標準装備されているところもポイントです。

 

さらに、駐車支援機能の「パーキング・アシスタント」では、自動駐車機能(縦列駐車・並列駐車)の操作がより容易となりますよ。

 

また、車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能となる「リバース・アシスト」機能も使用できるようになります。

 

ナビゲーション・システムは、引き続き従来モデルと同様の「ID7」というBMW最新のナビゲーション・システムが装備されます。

 

このシステムでは音声入力システム「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」が進化しており、「OK, BMW」や登録したフレーズで音声コマンドを立ち上げることが可能となるだけでなく、エアコンなどナビゲーション以外の操作も音声で行えるようになります。

 

「BMW X3」のラインアップと車両本体価格

新型BMW X3 後ろ

「新型BMW X3」のライン・アップと価格は、次の通りとなります。

  • 新型BMW X3 xDrive20i Standard:6,990,000円
  • 新型BMW X3 xDrive20d Standard:7,190,000円
  • 新型BMW X3 xDrive20d M Sport:7,660,000円
  • 新型BMW X3 xDrive30e M Sport Edition Joy+:8,020,000円
  • 新型BMW X3 M40i:8,830,000円
  • 新型BMW X3 M40d:9,020,000円

 

新型BMW X3では、SUVを強く表現したデザインの「xLine」モデルが無くなりますが、そのデザインは「Standard」が承継しております。

 

「Standard」モデルはシートがセンサテック・シート(人工皮革)が標準となり、レザー・シートがオプションとなりますが、その分従来モデルの「BMW X3 xDrive20d xLine」(742万円)と比べ、23万円ほどお求めやすくなります。

 

「M sport」モデルは、例えば、新型「BMW X3 xDrive20d M Sport」は最新の機能が装備されたうえに、ヴァ―ネスカ・レザー・シートが標準装備となりますが、わずか21万円のアップにとどまっております。

 

「BMW X4」のラインアップと車両本体価格

新型BMW X4 後ろ

「新型BMW X4」のライン・アップと価格は次の通りです。

  • 新型BMW X4 xDrive20d M Sport:7,760,000円
  • 新型BMW X4 xDrive30i M Sport:8,370,000円
  • 新型BMW X4 M40i:9,250,000円

 

新型「BMW X4」においては、「BMW X4 xDrive20d Standard」がラインアップから無くなります。

価格はほぼ据え置きとなります。

 

 

今回の新型「BMW X3/X4」の登場にあわせて、「新型BMW X3 M40d」および「新型BMW X4 M40i」をベースとした特別限定車「M Sport Edition」も同日発表されました。

「BMW X3M/X4M」の新型も同時に発表されております。

 

ご興味など頂けましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

ぜひこの機会に、ご来店下さい!

エクステリア・デザインや数々の運転支援システムが進化し、ラインアップも変更となった新型「BMW X3」と「BMW X4」。

 

お気軽にセールス・コンサルタントまでお問い合わせください。

 

世田谷支店のショールームには様々な展示車が並んでいます。

気になる方はぜひこの機会にヤナセBMW世田谷支店へお越しください。

 

BMW世田谷支店へのアクセスはこちら