BMW 駆け抜ける喜び

BMW COLUMNBMW コラム

YANASE BMW
Official Information Site

2019.12.10

BMW X5の魅力全貌!スペック・デザイン・性能すべてをご紹介

ヤナセBMWの山崎です。

 

BMWのクロスオーバーSUVの原点となる「BMW X5」。

 

2019年に発売された4代目となる現行BMW X5は、先代モデルでも定評のあった抜群の積載力や高い走行性を魅力に加えてBMWの最先端を体感できる1台です。

 

スポーツやアウトドア向きSUV、とBMWが提唱する”SAV”(スポーティ・アクティビティ・ビークル)の快適性はそのままに、日本初のハンズ・オフ機能付き渋滞支援機能やリバースアシスト機能を搭載し、さらに安全性も高まりました。

 

そんなBMW X5の魅力や特徴、スペックについてお話していきます。

高速道路を走行するBMW X5

 

 

BMW X5の魅力はここ!まず最初にまとめると

BMW X5の魅力といえば、BMWのSAVのトップに君臨する「王者の風格」。

強大なエンジンパワーを予感させるそのフォルムには、ボディ全体からにじみ出る力強い外観に加えて優雅さも兼ね備えています。

 

また、BMWのドライビングを最大限支える安全装備も、もちろん標準搭載され「駆けぬける歓び」を存分に堪能できるモデルとなっています。

 

BMW X5の歴史

BMW X5の日本デビューは2000年。

BMW初のSUVとして満を持しての登場となりました。

 

BMW X5は従来の5シリーズをベースとしつつ、SUVの特徴であるモノコックボディなどを取り入れ、それまでのBMWの車両とは一線を画した全く新しいシリーズとして発展していきます。

 

直列V型8気筒DOHCエンジンからスタートした初代 X5。

最新モデルでは直列6気筒DOHCディーゼル・エンジンへと変化し、より加速性が増して悪路でも物怖じしない快適走行が魅力のモデルとして進化しています。

 

常にBMW、ひいては輸入車市場の先を行くモデルとして、現行4代目のX5は日本初のハンズ・オフ機能付き渋滞支援機能やリバースアシスト機能を搭載したモデルでもあり、走行感や運転の安定性にも自信の持てる一台となっています。

 

BMW X5のデザイン、操作性

BMW X5は全幅2,000㎜越えのダイナミックなボディに、BMWの象徴でもあるキドニーグリルは前面のヘキサゴナル・デザインに彩りを添え、特徴的なヘッドライトがナイトドライブや悪天候でもドライブを力強くバックアップします。

 

電動パノラマ・ガラス・サンルーフでは開口部が大きく開放感があり、ボタン一つでオープンクローズが可能。

もちろん車外からでも操作可能です。

 

4輪アダプティブ・エア・サスペンションをXシリーズで初めて搭載したのもBMW X5。

 

各ホイールにそれぞれ備え付けられたセンサーで路面状況や荷重を察知し、常に車高を一定レベルに調整できるので、乗り降りや走行時の安定感が随一です。

 

 

BMW X5をさらに詳しく!ラインナップごとのスペックや特徴

草原をドライブするBMW X5

4代目X5はxDrive35dの1タイプエンジンでスタートしましたが、2019年12月13日にHEV(プラグインハイブリッド)モデルの「X5 xDrive45e」とV型8気筒エンジン搭載モデルの「X5 M50i」が新たに仲間入りしました。

 

「xDrive35d」と「xDrive45e」にはStandard・M Sportといった2種類のグレードがあり、詳しい特徴やスペックについてご紹介していきますね。

 

各モデルの特徴

xDrive35d

3.0L直列6気筒 Mツインパワー・ターボ・ディーゼルエンジンで最大出力195〔265〕/4,000、最大トルク 620〔63.2〕/2,000-2,500。

重量感と力強さがあるエンジンでありながら0-100km/h加速は6.5秒と加速度も安定感のあるモデルといえます。

 

X5 xDrive45e

4.4L直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジン/最高出力 210kW〔286ps〕/5,000-6,500rpm、最大トルク 450Nm〔45.9kgm〕/1,500-3,500rpm、0-100km/h加速 5.6秒とPHEVモデルでありながら運転性能が高いのも魅力なモデル。

 

また、PHEVならではのドライブモード切り替えにも対応。「Sport」「Hybrid」「Electric」「Adaptive)」の4つからその時の気分や路面状況に合わせたドライブを楽しめます。

 

x5 M50i

4.4LV型8気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジン/最高出力 390kW〔530ps〕/5,500-6,000rpm/最大トルク 750Nm〔76.5kgm〕/1,800-4,600rpmと、Xシリーズの風格にMシリーズの力強さを兼ね備えたガソリンエンジンです。

リアやドア・シール・プレートにもMシリーズの刻印が施され、ドライバーの高揚感を高めるデザインが散りばめられています。

 

各グレードの特徴

X5 Standard

X5のエントリーモデル。

音声認識による電話やBMWジェスチャーコントロールによるナビシステムの操作などのドライバーサポートも充実しています。

 

X5 M Sport

M Sportはより特別感を与えるデザインが魅力。

Mスポーツ・レザー・ステアリング・ホイールなどのインテリアはもちろん、M Sportブレーキなどの「M Sport独自の安全性能」も搭載され、さらに「スポーツドライブ」に注目を置いたグレードとなっています。

8速スポーツATは、standardの利便性とMシリーズの走行感の両方を兼ね備えています。

 

各モデル・グレードのスペック比較

それぞれ、スペックも比較してみましょう。

 

寸法

X5 寸法表

※トレッドは装着するホイールによって変更になることがあります。

 

エンジン

X5 エンジン表

 

価格

X5 価格表

すべて5ドア、右ハンドル仕様です。(消費税抜き、2019年12月現在)

 

 

「BMW X5」他にもこんな魅力がたくさん!

4代目BMW X5は、内外装共にモダンなデザインを取り入れ、カジュアルとラグジュアリーの融合が魅力の一つとなっています。

 

ボディカラー

ボディカラーは以下のラインナップです。

 

◆ Standardのみ設定可能

ブラック

 

◆ M Sport、M50iのみ設定可能

アルピン・ホワイト、カーボンブラック、ブラック・サファイア、ミネラル・ホワイト、ファイトニック・ブルー、アークティック・グレー・ブリリアント・エフェクト

 

◆ BMW INDIVIDUALのみ設定可能 ※オーダーメイドモデル

タンザナイト・ブルー、アメリトン

 

タイヤ

タイヤはモデル・グレードによって装着できるものが異なります。

 

・Standard

19インチ Vスポーク・スタイリング734 アロイ・ホイール

 

・M Sport

20インチ M ライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・スタイリング740Mバイ・カラー

21インチ M ライト・アロイ・ホイール・Yスポーク・スタイリング741Mバイ・カラー

22インチ M ライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング742M

 

・M50i

21インチ M ライト・アロイ・ホイール・Yスポーク・スタイリング741Mバイ・カラー

22インチ M ライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング742M

22インチ M ライト・アロイ・ホイール・Vスポーク・スタイリング747Mバイ・カラー

 

・BMW individual(M50iのみ)

22インチ BMW individual V スポーク・スタイリング746I アロイ・ホイール

 

エクステリアとインテリア、ドライビングサポート

車両前面の印象は4代目でより洗練されたヘキサゴナル・デザインとなり、自然で一体化された大型のキドニー・グリルや特徴的で遠くまで照らせるヘッドライトがBMWの風格を醸し出しています。

 

スカイ・ラウンジ・パノラマ・ガラス・サンルーフは優雅なインテリア越しに開放的な空や夜景を楽しみながら走行することができるアイテムです。

 

アンビエント・エア・パッケージではBMW X5 専用に調香された8つのフレグランスで車内空気を快適な状態に保ち、ドライバーや同乗者のリラックスドライブにつなげます。

 

先進のAI音声会話システムである「インテリジェント・パーソナル・アシスタント」に始まり「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」、前後のカメラで正確な位置を把握し運転をサポートする「パーキング・アシスト・プラス」に加えてBMWのXシリーズでは初となるリバース・アシスト/後退時ステアリング・アシスト機能を搭載しており、狭い道でのバックや駐車が少々大変な大きめサイズの車両でも安心です。

 

 

BMW X5はBMW SAVの原点となるモデル

BMW X5は、Xシリーズ原点であり、最先端でもあるモデルです。

Xシリーズの最新機能はX5から始まるといっても過言ではありません。

 

大きめボディに開放的なサンルーフ・ラグジュアリーなインテリア、加えて走りの安定感も他の追随を許さない、まさに王者のSAVといえる一台といえます。

 

ついつい周りに見てほしくなる、自慢の一台となるでしょう。