BMW 駆け抜ける喜び

BMW COLUMNBMW コラム

YANASE BMW
Official Information Site

2021.03.26

BMW 3シリーズと5シリーズの違いを比較!特徴や走行性能は?

ヤナセBMWの増田です。

 

現在のBMWの源流と称される「BMW 5シリーズ」と、その弟分でもあり、BMWの販売台数の中心となっている「BMW 3シリーズ」。

 

共通点も多いシリーズですが、それぞれにまた違った個性が光っており、BMWファンの中では根強い人気を誇っています。

 

どちらもBMWの様々な技術が集約されている点でも注目度が高く、3シリーズや5シリーズを眺めてみるとその時代のBMWがわかるといっても過言ではありません。

 

今回は改めて「BMW 3シリーズ」「BMW 5シリーズ」それぞれの個性・共通点について確認して行きましょう。

BMW 5シリーズ

 

 

BMW 3シリーズと5シリーズの違いは?基本スペックを比較!

BMW 3シリーズとBMW 5シリーズは、ともに1970年代に発売開始されたBMWの歴史を担うシリーズです。

 

初代販売開始から現在に至るまで、幾度となくリニューアルやボディタイプの刷新が行われ、いつの時代も注目を集める車両として愛されてきました。

 

現在は3シリーズ/5シリーズともに、モダンなデザインでスポーツカーらしいフェイスラインが魅力的な4ドアモデル「セダン」と、BMWのステーションワゴンでありオールラウンダーな走りを期待させる「ツーリング」の2タイプ展開を行っています。

 

ボディサイズは5シリーズが平均して約26センチ程度大きく、よりフロント・コックピットの快適性を重視した設計。

一方3シリーズは少々小さめでありながらも、リアシートなどの居室スペースは大きめに確保しており、定員まで乗車しても広々とした空間を楽しむことができます。

 

なお、M340i xDrive、530i (Luxury/M Sport)に関しては、ステアリング・ホイール・ポジションを左右選択することが可能です。

より個性を追求した走りを極めるなら、エンジンのグレードも高い両モデルを選択、ステアリング・ホイール・ポジションを変更してみるのも良いですね。

 

それでは、各シリーズの基本スペックも比較していきましょう。

 

BMW 3シリーズ セダンの基本スペック

BMW 3シリーズ セダンの基本スペック

 

BMW 3シリーズ ツーリングの基本スペック

BMW 3シリーズ ツーリングの基本スペック

 

BMW 5シリーズ セダンの基本スペック

BMW 5シリーズ セダンの基本スペック

 

BMW 5シリーズ ツーリングの基本スペック

BMW 5シリーズ ツーリングの基本スペック

※トレッドは装着するホイールによって変更になることがあります。

 

※「BMW Edition Joy+」モデルに関してはエコカー減税等の対象となり、価格帯に差がありますが、基本的な性能については「BMW Edition Joy+」ではないモデルと同様です。

詳しくは「BMW Edition Joy+について」もご覧ください。

 

 

BMW 3シリーズと5シリーズの走行性能の違いはここ!

BMW 3シリーズ及び5シリーズは、それぞれグレードを問わず同モデル同エンジンを採用しています。

 

なかでも注目すべき点は、5シリーズにはV型8気筒ガソリン・エンジンを採用した「M550i xDrive」があるということでしょう。

 

近年その製造コストなどからガソリン・エンジンの主流は直列エンジンとなっていますが、やはりブレが少なく力強い走りを楽しみたいなら、V型エンジンの魅力は見逃せません。

 

3シリーズの魅力は、5シリーズよりも約26センチ分ボディサイズが小さいゆえのコントロールの良さが挙げられます。

コンパクト・カーとはまた違った存在感が3シリーズにはあります。

 

その他、3シリーズと5シリーズそれぞれに共通して、これからの自動車産業でも一大ムーブメントとなりうるe仕様車(プラグイン・ハイブリット)がラインナップされていることは、注目すべき点といえます。

 

BMWのプラグイン・ハイブリットは、環境性能を十分に加味しながらも瞬発的な加速を誇り、街中や中距離の高速走行を中心に遜色ない走りが堪能できます。

 

具体的なエンジンなどのスペックは次の通りです。

BMW 3シリーズと5シリーズの走行性能の違い

 

 

BMW 3シリーズと5シリーズの乗り心地や安全装備の違いは?

BMW 3シリーズ セダン

BMW 3シリーズ・5シリーズは、いずれもBMWの最上級アシスタントである「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」を採用し、周囲との安全確保を車両自身でも最大限行い、ドライバーは自らの運転に集中できるように工夫されています。

 

例えば、渋滞時にドライバーの運転負担を軽減する「高速道路渋滞時ハンズ・オフ・アシスト」や、もしものときに車を安全に停車させる「エマージェンシー・ストップ・アシスト」などにも対応しているのが特徴で、安定走行でドライビングを楽しむことに注力できます。

 

さらにワンタッチで今来た道を戻ることができる「リバース・アシスト/後退時ステアリング・アシスト機能」(※ハンドル操作は車が行いますが、アクセルとブレーキは指示を元にドライバーが行う)にも対応しているため、狭い道での切り返しや駐車にもドライバーの運転をサポートします。

 

ドライバー・コックピットは広く設計されており、ロングドライブでも疲れを感じさせないのが魅力。

 

もちろん、シート自体も人気の高い電動フロントシートを採用。

特にフロント・シートの快適性が高いのは、「駆けぬける歓び」をブランド・コンセプトに掲げるBMWならではともいえます。

 

 

BMW 3シリーズと5シリーズは主力モデルにふさわしいシリーズ

BMW 3シリーズ・5シリーズはデザインやコンセプトに共通点は多いものの、それぞれに特徴があり、全体に醸し出す印象は異なっています。

 

3シリーズは単に5シリーズをミニマムにカスタマイズしたわけではなく、例えば街乗りでも運転しやすいのにリアシートもゆったり座れるボディサイズをキープしていたり、ご家族で使用するシーンも念頭に置いている点などがあげられます。

 

BMW 5シリーズはボディサイズの印象でフロントからの迫力がより強固なものとなり、スポーツ・アスリートとしての精悍な雰囲気を感じさせます。

 

お近くのショールームでは随時試乗も対応しています。

実際に、2つのシリーズの車両をそれぞれ乗り比べてみてくださいね。

 

なお、今回ご紹介した車両はそれぞれこちらのコラムでもご覧いただけます。

BMW 3シリーズを徹底比較!特徴や走行性能、乗り心地は違う?

BMW 5シリーズを徹底比較!特徴や走行性能、乗り心地は違う?

(一部、価格・基本性能等は変更になっている場合があります。ご不明な点はショールームへお問い合わせください)

 

閉じる