BMW 駆け抜ける喜び

BMW COLUMNBMW コラム

YANASE BMW
Official Information Site

2021.05.18

BMWのX3とX4を比較!各ラインナップの基本スペックの違いは?

ヤナセBMWの増田です。

 

BMWのプレミアムSUVについては何度かご紹介していますが、中でもBMWの主力モデルである3シリーズを基本とし、プレミアムSUVとしてその存在感を知らしめている「BMW X3」と、さらにX3をベースにクーペボディを採用した「BMW X4」。

 

共通している部分があるものの、単に外観の違いだけでなく形状や重量が異なるからこその走行感の違いなどもあり、発売当初からそれぞれに根強いファンがいます。

 

今回はそんな「BMW X3」と「BMW X4」の魅力や特徴、各種性能について比較していきます。

新型bmw-x3

 

 

BMWのX3とX4を比較!各ラインナップの基本スペックの違い

BMW X3は主力モデルの名にふさわしく、王道のラインナップが充実しています。

各グレードごとにガソリンエンジン/ディーゼルエンジンの設定があり、予算や欲しい走りによって選択肢が豊富です。

 

グレードもStandardだけでなく、よりスポーティネスなカスタマイズが施されているxLine・M sportが用意されており、M仕様車に関してもガソリンエンジン/ディーゼルが選択できるのは嬉しいですよね。

 

さらにプレミアムSUVでありながらも環境に配慮したプラグイン・ハイブリット仕様車であるeモデルがあるのも特徴的ですし、「BMW Edition Joy+」対応モデルもあリます。

 

フロントから見た印象は少し前傾しているようですが、BMWの誇る約50:50の前後重心比はキープされており、一般的なセダンよりも高い車高でありながらも広い視界を保ちます。

 

一方BMW X4は、まさにBMWが提唱する「SAC:スポーツ・アクティビティ・クーペ」の名にふさわしく、X3よりも流線型のボディが目を引きます。

 

こちらのラインナップはシンプルにスポーツ志向の強い4タイプをラインナップ。

外観的には洗練された5ドアクーペに見えるのですが、SACを名乗っているだけある車載スペースの広さは安心の最大1,430Lを誇ります。

 

また、後方への張り出しが少なく、駐車スペースなどでもミドルサイズSACの利点を遺憾なく発揮してくれることでしょう。

 

BMW X3の基本スペック

BMW X3の基本スペック

 

BMW X4の基本スペック

BMW X4の基本スペック

※トレッドは装着するホイールによって変更になることがあります。

 

※「BMW EditionJoy+」モデルに関してはエコカー減税等の対象となり、価格帯に差がありますが、基本的な性能については「BMW Edition Joy+」ではないモデルと同様です。

詳しくは「BMW Edition Joy+について」もご覧ください。

 

 

BMW  X3とX4の走行性能を比較!

基本的に四輪駆動車として展開しているBMW Xシリーズですが、エンジンの違いにより走行時の個性にも特徴が見られます。

 

まず、BMW X3とBMW X4のエンジンは現時点で共通しているのはX3 xDrive20d/X4 xDrive20dとX3 M40i/X4 M40iであり、それ以外は各モデルが持っている個性にあわせたものを採用しています。

 

また、2017年発表第3世代X3と2018年発表第2世代X4が現行モデルとなりますが、発表当初から幾度とチューンナップされています。

 

特にM40dに関しては直列6気筒エンジンの力強いエンジンを当初から採用していましたが、新型では最高出力240kw〔326ps〕/4,400rpm→250kw〔340ps〕/4,400rpm、最大トルク680Nm〔69.3kgm〕/1,750-2,750rpm→700Nm〔71.4kgm〕/1,750-2,250rpmと、さらなる高出力高トルクを実現しました。

 

プラグイン・ハイブリッドであるX3 xDrive30eもその実力は確かなもので、モーター走行時の静寂性はもちろんのこと制振性も高く、プレミアムSUVの中でも最上の乗り心地が期待できます。

ただ、EV航走距離は約44kmとなるため、街中の走行時と郊外の走行時をうまく使い分けていくと良いでしょう。

 

X3とX4はどちらもプレミアムSUVの走りを堪能できる、クリーン・ディーゼル仕様も選択できます。

直列4気筒のxDrive20dでも高い最大トルクを誇り、エンジンスタート時はディーゼルならではの硬さは感じられるものの、制振性も高くブレない安定感あるドライブを愉しむことができます。

BMW X3とX4の走行性能比較

 

 

BMW  X3とX4の乗り心地を比較!安全装備の違いは?

新型bmw-x4

BMW X3とBMW X4に共通して言えるのが「たくましくも洗練されたエクステリア・デザイン」であるという点ではないでしょうか。

 

オン・ロードも悪路もいとわない走りを支えるのはもちろん、飽きが来ず先進性も兼ね備えた各デザインが魅力です。

 

そしてその外観・走行性だけではない「安全性能」も、BMWだからこそ。

それでは詳しい特徴も確認してみましょう。

 

BMW X3、BMW X4のエクステリア・インテリア

郊外などでの走行を視野に入れているBMW X3/BMW X4はアイコンであるキドニー・グリルも快適な走りを手助けするアイテムとなります。

キドニー・グリルにはアクティブ・エア・ストリームが採用されており、もともとエンジンやブレーキの冷却のために空気を取り入れることを想定しています。

必要に応じて内部に組み込まれたエア・フラップを電動で閉じることで、よりアグレッシブな走行を実感することが可能です。

 

ひとたび車内に乗り込めば、快適なドライブが約束されていることが一目でわかります。

ドライビング・コックピットの前面にある、ドライバー志向の「インスツルメント・パネル」は、すべての計器類が見やすい位置に配置されており、刻々とドライブ中に変化する情報を確認し続けることが可能です。

 

BMW X3、BMW X4の安全性能

BMWが最新の安全性能を誇る「ドライビング・アシスト・プラス」「パーキング・アシスト・プラス」はBMW X3とBMW X4の両方に搭載されており、その安心感は力強いものとなっています。

 

その他郊外に出ることの多いプレミアムSUVだからこその機能も搭載。

例えば「HDC(ヒル・ディセント・コントロール)」であれば、ドライバーがブレーキを踏まなくてもブレーキを自動制御。

約5~10km/hの速度を保ち、坂道を下ることができます。

 

勾配が急な雪道や街中の立体駐車場などでも安心ですね。

 

 

BMW  X3とX4の個性は、街中も郊外でもキラリと光る

ミッドサイズプレミアムSUVとして、個性の異なる双子のようなBMW X3とBMW X4は力強い個性を放っています。

 

単なるファミリー向けSUVが注目される時代ではなく、スポーティネスでタフネスな走りが実現できるBMWのSAV/SACとしての存在感がしっかりとあります。

 

なかなか手が届かないと思っていた方でも一度試乗するとその良さが体感できるはず。

ぜひ一度お近くのショールームに遊びに来てくださいね。

 

なお、各車両の詳しい情報はこちらもご参考ください。

BMW X3の魅力全貌!スペック・デザイン・性能すべてをご紹介

BMW X4の魅力全貌!スペック・デザイン・性能すべてをご紹介

 

(一部、価格・基本性能等は変更になっている場合があります。ご不明な点はショールームへお問い合わせください)

閉じる