BMW 駆け抜ける喜び

BMW COLUMNBMW コラム

YANASE BMW
Official Information Site

2020.02.12

BMW 4シリーズ クーペの魅力全貌!すべての特徴をご紹介

ヤナセBMWの山崎です。

 

BMWの中核を担う、主力モデルの一つといえるBMW3シリーズ。

その発展形ともいえる「BMW 4シリーズ クーペ」。

 

BMW 4シリーズはクーペタイプのモデルが中心となり、都会の中でスポーティーかつ洗練された走りを約束してくれます。

 

今回は、そんなBMW 4シリーズの原点となる「BMW 4シリーズ クーペ」の魅力や特徴、スペックについてお話していきます。

4シリーズ クーペ フロント

 

 

BMW 4シリーズ クーペの魅力はここ!まず最初にまとめると

BMW 4シリーズ クーペの魅力は、BMW3シリーズのクーペ・カブリオレ車種という位置づけでスタートし、その道を極めた点にあります。

 

スポーティーな走りはそのままに、クーペモデルならではの流麗なフォルムをまとった車両は街を行く人々の視線を釘付けにします。

 

BMW 4シリーズ クーペの歴史、デザイン、操作性

BMW 4シリーズの日本デビューは2013年。

今までのBMW3シリーズやBMW5シリーズの基本性能を活かしつつ、その中間的な立ち位置でよりスポーティーなモデルとして誕生しました。

 

乗り心地や走行性は少人数でのドライブ向きにカスタマイズされ、まさに「プレミアムミドルクラス」という表現にふさわしい、スペシャルな日のドライブのための一台ともいえます。

 

完璧なデザインといっても過言ではないBMW 4シリーズ クーペのボディラインは、流線型のルーフラインと、起伏に富んだサイドのシェイプによって織りなされる印象的なフォルムが魅力。

その精悍なスタイルが、ダイナミックな存在感を周囲へ強烈にアピールします。

 

8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションから繰り出される軽快な加速性能は、ドライバーの心を掴んで離さないこと間違いなしです!

 

 

BMW 4シリーズ クーペ、ラインナップごとのスペックや特徴

3モデルの新しい4シリーズ

BMW 4シリーズ クーペは「420i クーペ M Spirit」「420i クーペ M Sport」「430i クーペ M Sport」「440i クーペ M Sport」がラインナップされています。

走行性を重視したM Sportグレードが多いのが特徴といえます。

 

詳しい特徴やスペックについてご紹介していきますね。

 

各モデルの性能

420i

2.0L直列4気筒DOHCガソリンエンジンで最大出力135kW〔184ps〕/5,000rpm、最大トルク270Nm〔27.5kgm〕/1,350-4,600rpm。

コンパクトクラス用のエンジンでありながらもBMWならではの快適な走行感・加速感を味わえます。

 

430i

2.0L直列4気筒DOHCディーゼルエンジンで最大出力185kW〔252ps〕/5,200rpm、最大トルク350Nm〔35.7kgm〕/1,450-4,800rpm。ミドルクラスならではの力強い走りを楽しめます。

 

440i

3.0L直列6気筒DOHCガソリンエンジンで最大出力240kW〔326ps〕/1,380-4,400rpm、最大トルク450Nm〔45.9kgm〕/1,380-5,000rpm。

BMWのコンパクト~ミドルクラスの中心となる4気筒エンジンの420i、430iと比較し、エンジンの威力・加速度が高めなのが魅力です。

 

各グレードの特徴

M Spirit

今回のリニューアルで採用されたグレードで、ベースである基本的な外観や足回りはM sportと同様ですが、一部機能が簡略化されたグレードです。

もちろんアシスト機能もほぼ一緒です。

「基本的な車庫入れなどはアシストがなくても大丈夫。少しでも費用を抑えてBMWの車両に乗りたい!」という方にオススメです。

 

M sport

M Sportグレードならではの「M スポーツ・ブレーキ」や「アダプティブ M サスペンション」など、よりスポーティーな走りを演出できる性能を搭載したグレード。

 

エクステリア・インテリアにもM Sportのスポーティーなデザインが選ばれています。

たとえばマルチファンクション M スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール(ハンドル)は見た目だけでなくグリップ感もよく、より快適な運転を手助けします。

 

各モデルのスペック比較

それぞれ、スペックも比較してみましょう。

 

寸法

4シリーズ クーペ 寸法

※トレッドは装着するホイールによって変更になることがあります。

 

エンジン

4シリーズ クーペ エンジン

 

価格

4シリーズ クーペ 価格

すべて2ドア、右ハンドル仕様です。440i クーペ M Sportのみ左ハンドルも選択できます。(消費税抜、2019年12月現在)

 

 

「BMW 4シリーズ クーペ」他にもこんな魅力がたくさん!

BMW 4シリーズ クーペは切れ長で精悍なフェイスラインやワイド&ローが特徴の車両デザインを際立たせるボディカラーなどを豊富に取り揃えています。

 

ボディカラー

ボディカラーは以下のラインナップです。

 

◆ 全モデル共通
ミネラル・グレー、ブラック・サファイア、メルボルン・レッド

 

◆ M Sportのみ
アルピン・ホワイトIII、エストリル・ブルー

 

※ BMW INDIVIDUALのカラー設定は各ディーラーにお問い合わせください。

 

タイヤ

タイヤはグレードによって装着できるものが異なります。

 

◆ 420i M spirit

18インチ Mライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・スタイリング400M

 

◆ 420i M sport

18インチ Mライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・スタイリング400M

19インチ Mライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング704M バイ・カラー ※オプション装備

 

◆ 430i M sport

19インチ Mライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング704M バイ・カラー

※標準はフェリック・グレー、ジェット・ブラックはオプション

 

◆ 440i M sport

19インチ Mライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング704M バイ・カラー

※標準はフェリック・グレー、ジェット・ブラックはオプション

 

エクステリアとインテリア、ドライビングサポート

BMW 4シリーズ クーペは単なるスポーティーモデルではなく、BMWらしさを随所に兼ね備えた一台です。

 

もともとBMW3シリーズのスポーツクーペ版としての立ち位置が強かった4シリーズですが、現行モデルではより切れ長のフェイスラインとなり、実際の寸法以上にワイドな低高車でスポーティーな印象を与えます。

 

また、以前のモデルと比較しても車高も低めに設定され、ドライバーのドライビングテクニックに追従しやすいように設計されています。

 

軽快なドライブサポートはシートアレンジにも反映されており、BMWの車両に共通しているサイドサポートがドライバーのコーナリングを自然にアシストします。

もちろん、高さ調節も可能。

 

その他、「BMWライブ・コックピット」や「ドライビング・アシスト」、「パーキング・アシスト(リバース・アシスト/後退時ステアリング・アシスト機能付き)」を標準搭載。

 

一部車両にはBMWヘッドアップ・ディスプレイも設定可能で、ドライバーの視界を妨げることなく、前方に注視することが可能になります。

 

 

BMW 4シリーズ クーペはスポーティーさ上品さを兼ね備えた一台

BMW 4シリーズは単にスポーティーな見た目、走りができるだけでなく、加速やコーナリングなどがとても上品に走行できるように設計されています。

 

また、外観も流麗で、街ゆく人の視線を離さない上に、快適な走行感が得られ易いデザインとなっているのが秀逸ですよね。

 

一度試乗すれば、4シリーズ クーペが「プレミアムミドルクラス クーペ」だと実感できるはず。

ぜひ一度、ご試乗くださいね。

閉じる