BMW 駆け抜ける喜び

BMW COLUMNBMW コラム

YANASE BMW
Official Information Site

2020.07.20

BMW X4 Mの魅力全貌!スペック・デザイン全特徴をご紹介

ヤナセBMWの増田です。

 

以前「BMW X4の魅力全貌!スペック・デザイン・性能すべてをご紹介」でもご紹介した、BMWの次世代クロスオーバーSUVとして注目を集める「BMW X4」。

「BMW X3」と共有部分が多いですが、よりクーペモデルの良さが際立った印象を持ちます。

 

そんなBMW X4 のM sportモデルと比較し、さらにスポーティネス・タフネスな走りを追求したのが今回の主役「BMW X4 M」です。

エンジン性能・デザイン性そのいずれをとっても、さらに洗練されたという実感を得られることでしょう。

 

今回はそんなBMW X4 Mの魅力や特徴、スペックについてお話していきます。

レッドのBMW X4 M

 

 

BMW X4 Mの魅力はここ!最初にまとめると

比較的コンパクトなボディサイズでありながらも2t越えの車体を、短時間で加速させることができるBMW X4 M。

BMW X4 と比較して、より強靭なエンジンを搭載している点が一番の特徴です。

高速道路はもちろんのこと、悪路でも快適な走行感を得られることができます。

 

BMW X4 Mはデザイン性や加速性などを中心に、様々な角度からオンロードでの走行性能を極めた一台でもあります。

郊外のオンロードでも都会の高速道路でも、快適なドライビングを約束すべく全ての要素がデザインされています。

 

まさに”SAC”スポーツ・アクティビティ・クーペの名に相応しい一台といえます。

 

BMW X4 Mの歴史、デザイン、操作性

BMW X4 Mは2019年にBMW X4 シリーズのMモデルとして追加ラインナップされた、まだまだ歴史の新しい一台です。

 

BMW X4 Mの現行モデル自体が2018年に日本デビューしたことを鑑みると、クロスオーバーSUV市場参入としては若干後発モデルとなります。

しかし、その分単なる「アウトドア向けファミリー仕様車」というイメージではなく、走りも追及できる完成度の高い一台として、その立ち位置を確固たるものとしています。

 

メッシュデザインが目を惹くキドニー・グリルから流れるように設計されたフロントフェイスは、X4とはまた異なった、よりシャープなデザインに。

 

また、メッシュデザインを採用したことで、空力性能もアップ。

これからの快適なドライビングを想像させます。

 

BMW X4 MはBMW X4 と比較し、エンジンの性能がワンランク上。

瞬間加速はもちろん、細かなコーナリングの快適性もより高いものとなり、まるでご自身の手足のように操ることができます。

 

 

BMW X4 M、ラインナップごとのスペックや特徴

ブラックのBMW X4 M

BMW X4 Mは、シンプルに「BMW X4 M(standard)」と「BMW X4 M competition」の単一モデル2グレード展開となっています。

詳しい特徴やスペックについて、ご紹介していきますね。

 

BMW X4 Mの性能、グレードの特徴

BMW X4 M(standard)

2.0L直列6気筒DOHCガソリンエンジンで、最高出力353kW〔480ps〕/6,250rpm、最大トルク600Nm〔61.2kgm〕/2,600-5,600rpm。

 

ボディサイズはX4を受け継いでいますが、搭載しているエンジン性能がさらに高いモデルです。

デザイン性に関してはよりスポーティネスなイメージを持たせており、兄弟のようでありながらも、また異なった個性を発揮しています。

 

BMW X4 M Competition

2.0L直列6気筒DOHCガソリンエンジンで最高出力 375kW〔510ps〕/6,250rpm、最大トルク600Nm〔61.2kgm〕/2,600-5,950rpm。

搭載しているエンジンそのものはBMW X4 M(standard)と同じですが、最大出力をさらに高め、力強い走りが期待できます。

 

その他、一部インテリアなどに関してもcompetition専用のものが使用されています。

よりハイグレードを求める人にオススメです。

 

各グレードのスペック比較

それぞれ、スペックも比較してみましょう。

 

寸法

BMW X4 Mの寸法

※トレッドは装着するホイールによって変更になることがあります。

※BMW X4 Mに関してはグレードでボディサイズは変わりません。

 

エンジン

BMW X4 Mのエンジン

 

価格

BMW X4 Mの価格

いずれも5ドア仕様です(消費税抜き、2020年4月現在) 。

 

 

「BMW X4 M」は他にもこんな魅力がたくさん!

BMW X4 Mはクールでスポーティネスかつ、快適なドライビングを堪能できるよう、ありとあらゆるパーツが計算し尽された一台。

そのパーツに花を添える、豊富なボディカラー展開が魅力です。

さらに個性的なエクステリア・インテリアを組み合わせれば、より自分だけの一台としてカスタマイズすることができるでしょう。

 

ボディカラー

ボディカラーは以下のラインナップです。

 

◆各グレード共通

アルピン・ホワイトIII、ブラック・サファイア、ソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクト、 ファイトニック・ブルー、ドニントン・グレー 、トロント・レッド

※ BMW INDIVIDUALのカラー設定は各ディーラーにお問い合わせください。

 

タイヤ

タイヤはグレードによって装着できるものが異なります。

  • BMW X4 M Standard…21インチ M ライト・アロイ・ホイール Vスポーク・スタイリング765M バイ・カラー(オービット・グレー)
  • BMW X4 M competition…21インチ M ライト・アロイ・ホイール Vスポーク・スタイリング765M バイ・カラー(ブラック)

 

エクステリアとインテリア、ドライビングサポート

BMW X4 Mがエクステリア・インテリア全般を通じてデザインに求めたのは、モータースポーツの先進性と独創的な美しさの融合です。

 

伸びやかなボンネットと、クーペのようにフラットで流麗なルーフ・ラインに始まり、フロント・エプロンおよびリヤ・スカート、ホイール・アーチ、そしてショルダー・ラインが描き出すパワフルなフォルムのバランスにより、これからスタートするドライブに期待感を持たせます。

 

またスポーツモデルとしての象徴でもあるエア・インテークも、その存在感を印象付けます。

 

ひとたび車内に乗り込めば、人間工学に基づいたスポーティネスなデザインに感動することでしょう。

長時間ドライブでもドライバーおよび同乗者の快適さを損なわない設計になっているのが、座った瞬間から感じ取れるはず。

 

もちろん、各種ドライビング・アシストも充実。

先進のAI音声会話システムである「インテリジェント・パーソナル・アシスタント」や「高速道路渋滞時ハンズ・オフ・アシスト」「ドライビング・アシスト」「パーキング・アシスト(リバース・アシスト/後退時ステアリング・アシスト機能付き)」にも対応しています。

 

2t越えのワイドボディでありながらも運転がしやすい工夫が満載!

X4ではオプション装備やオプション安全性能であった内容が、標準装備となっているのもありがたいですよね。

 

 

BMW X4 Mは、タフネスかつスポーティネスをより強調!

BMW X4 MはBMW X3 Mと足回り・インテリアの共有部分が多く、単にBMW X3 Mのクーペモデルとして感じる方もいるかもしれません。

 

しかし、車高がより低く低重心により、さらに地面をグッと掴んでよりアグレッシブな運転ができるのが「BMW X4 M」。

それぞれの個性が輝き、タフネスかつスポーティーな走りを追求した一台です。

 

モータースポーツの先進性と独創的な美しさ、人間工学に基づいたスポーティネスなデザイン、各種ドライビング・アシストの充実が織りなす魅力は計りしれません。

 

ぜひ一度その違いを体感すべく、ご来場していただけるのをお待ちしております!