BMW 駆け抜ける喜び

BMW COLUMNBMW コラム

YANASE BMW
Official Information Site

2021.10.24

「BMW 4シリーズ クーペ」の年式は?モデルごとの特徴を解説

ヤナセBMWの増田です。

 

「BMW 4シリーズ クーペ」は、BMWの中核を担う主力モデルである「BMW 3シリーズ」の後継モデルとして発表されました。

 

BMWの伝統を受け継ぎながらも先駆的なデザインや機能の数々、そして圧倒的な走りのパフォーマンスによって高い人気を誇るスポーツ・クーペです。

 

初代モデルの販売は2013年からで、フルモデルチェンジを経て現在は2代目モデルを展開しています。

 

今回は人気車種「BMW 4シリーズ クーペ」の年式について、初代モデルから現行モデルまでの、それぞれのスペックの違いや魅力を説明します。

BMW 4シリーズ クーペ

 

 

まずは「BMW 4シリーズ クーペ」の特徴や魅力面から

「BMW 4シリーズ クーペ」は、独創的なデザインと先駆的なスタイル、軽快に路上を駆けぬけるドライビング・ダイナミクスなどの魅力が詰まったスポーツ・クーペです。

 

先進的で独創的なこのモデルは、2013年に初代モデルが販売開始。

2020年にフルモデルチェンジを経た2代目モデルがデビューしました。

 

「BMW 4シリーズ クーペ」のエクステリアは、独創的なデザインと典型的なクーペのシルエットによってスポーティかつエレガントに。

 

クーペ特有の流麗なルーフ・ラインや力強いプロポーションにもご注目ください。

 

フロント・マスクはBMWキドニー・グリルを備え、独特で個性的な印象に。

偉大なる独創性を発揮し、豊かな表現力と比類なきスタイルをアピールしています。

 

上質なマテリアルに包まれたインテリアは、高い機能性も実現。

コックピットでは高精度な操作システムを明快に操作でき、ドライブに必要な情報を提供してくれます。

 

他の追随を許さないドライビング・ダイナミクスもこのモデルの魅力。

圧倒的な俊敏性と視線を集めるパフォーマンスで路上を軽快に駆けぬけ、無限のドライビング・プレジャーが発揮されます。

 

 

「BMW 4シリーズ クーペ」の年式は2代目まで!それぞれの特徴をご紹介

BMW 4シリーズ クーペ

フルモデルチェンジを経て、現行の2代目となった「BMW 4シリーズ クーペ」。

 

それぞれの年式の違いについて詳しくご紹介していきます!

 

初代「BMW 4シリーズ クーペ」の特徴

初代「BMW 4シリーズ クーペ」のコンセプトモデルの概要が発表されたのは2012年12月。

2013年6月には新型「BMW 4シリーズ クーペ」の概要が発表されました。

 

当初は2.0L直列4気筒エンジンの「BMW 428i」と3.0L直列6気筒エンジンの「BMW 435i」のガソリン車、「BMW 420d」のディーゼル車がラインアップ。

デザインラインには、「Sport」「Modern」「Luxury」「M Sport」の4つが設定され、ガソリン車には「xDrive」として四輪駆動モデルも用意されました。

 

2014年1月には「BMW 420i」が追加、2014年2月にはハイ・パフォーマンス・モデルである「BMW M4」の予約注文が開始されました。

 

2015年8月には、70台の限定モデル「M Sport Style Edge」の販売が発表。

2016年4月には各モデルのエンジンを新世代モジュラーエンジンに切り替えることが発表されました。

 

「BMW 420i」以外のグレード名称も変更になり、「428i」「435i」はそれぞれ「BMW 430i」「BMW 440i」となりました。

 

2017年5月にマイナーチェンジに相当するLCIが実施され、ヘッドライトとテールライトや「Luxury」「Sport」モデルの前後バンパーの意匠が変更されました。

ヘッドライトは全モデルでアダプティブLEDライトが標準装備となっています。

 

2018年10月には特別仕様車の「BMW 420i M Spirit」が設定されました。

アダプティブLEDヘッドライトが非アダプティブタイプのLEDに変更され、マルチ・ディスプレイのメーターパネルは従来の仕様に変更されたモデルとなっています。

 

初代「BMW 4シリーズ クーペ」基本モデルのスペック

初代「BMW 4シリーズ クーペ」の「428i」のスペックを参考に紹介します。

  • 全長×全幅×全高(mm):4,640×1,825×1,375
  • ホイールベース(mm):2,810
  • エンジン:直列4気筒DOHCターボ
  • 総排気量(cc):1,997
  • 最高出力(ps/rpm):245/5,000
  • 最大トルク(kgm/rpm):35.7/1,250-4,800

 

2代目「BMW 4シリーズ クーペ」の特徴

日本向けには2020年10月に発表された2代目「BMW 4シリーズ クーペ」。

 

同日にはデビュー記念の特別仕様車「BMW 420i Edition EDGE」と「BMW M440i xDrive Edition EDGE」が販売開始されました。

「420i Edition EDGE」は限定10台、「M440i xDrive Edition EDGE」は限定3台のみの販売でした。

 

2021年3月に「BMW 430d xDrive」と「BMW M440d xDrive」がドイツで販売開始。

「M440i」は48Vマイルドハイブリッド仕様で、xDriveを搭載したモデルとなっています。

 

2代目「BMW 4シリーズ クーペ」基本モデルのスペック

2代目「BMW 4シリーズ クーペ」の「420i」のスペックを参考に紹介します。

  • 全長×全幅×全高(mm):4,775×1,850×1,395
  • ホイールベース(mm):2,850
  • エンジン:直列4気筒DOHCガソリン
  • 総排気量(cc):1,998
  • 最高出力(kW 〔ps〕 / rpm (EEC)):135〔184〕/5,000
  • 最大トルク(Nm 〔kgm〕 / rpm (EEC)):300〔30.6〕/1,350-4,000

 

 

「BMW 4シリーズ クーペ」の変遷を知って自分に合った車を選ぼう

2代目モデルが展開されている「BMW 4シリーズ クーペ」。

 

独創的なデザインと先駆的なスタイル、卓越したドライビング・ダイナミクスも発揮するスポーツ・クーペです。

 

今回の年式紹介を参考に、ライフスタイルに合わせたベストな1台を選んでくださいね。

 

「BMW 4シリーズ クーペ」について、こちらでさらに詳しく解説しています。

ぜひ合わせてご覧ください!

BMW 4シリーズ クーペの魅力全貌!すべての特徴をご紹介

 

※一部、価格・基本性能等については変更になっている場合があります。ご不明な点はショールームへお気軽にお問い合わせください。

 

閉じる