BMW 駆け抜ける喜び

BMW COLUMNBMW コラム

YANASE BMW
Official Information Site

2022.03.18

「BMW 4シリーズ カブリオレ」の年式は?モデルごとの特徴を解説

ヤナセBMWの増田です。

 

BMWならではのオープン・エア・ドライビングが愉しめる「BMW 4シリーズ カブリオレ」。

 

日本での初代モデルの発売は2014年。

フルモデルチェンジを経て、現在は2代目モデルを展開しています。

 

今回は人気車種「BMW 4シリーズ カブリオレ」の年式について、初代モデルから現行モデルまでの、それぞれのスペックの違いや魅力を説明します。

BMW 4シリーズ カブリオレ

 

 

まずは「BMW 4シリーズ カブリオレ」の特徴や魅力面から

BMW 3シリーズ カブリオレの後継モデルとして、2013年に登場した「BMW 4シリーズ カブリオレ」。※日本デビューは2014年

 

BMW 4シリーズ カブリオレはコンパクトなボディながらも定員4名となっており、後席のバックレストを倒すことで大きな荷物の収納も可能です。

 

BMW 4シリーズ クーペ」をベースとしており、ルーフ(屋根)を開けることで、オープン・エア・ドライビングが可能なオープンカーとなります。

 

BMW 4シリーズ カブリオレのルーフは、閉じている状態から約18秒で開閉できるキャンバス製のソフトトップを採用。

50km/h以下の場合、走行中であってもオープン・クローズ操作できるので大変便利です。

 

ソフトトップを閉じれば、流れるような美しいルーフ・ラインを持つエレガントなクーペ・スタイルに!

 

室内はドライバー志向の洗練された空間となっており、スポーツ・シートが乗員をしっかりホールドします。

 

現行モデルは2代目で、高効率なガソリン・エンジンを搭載した「420i カブリオレ」「420i カブリオレ M Sport」、そしてMパフォーマンス・モデル「M440i xDrive カブリオレ」をラインアップ。

 

全グレードに共通するポイントは、ダイナミックな走りをサポートする安全機能・運転支援システム「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」を標準装備しているところです。

 

コネクティビティ機能やデジタル・サービスも充実し、安心・安全なカーライフを実現します。

 

 

「BMW 4シリーズ カブリオレ」の年式は2代目まで!それぞれの特徴をご紹介

BMW 4シリーズ カブリオレ

フルモデルチェンジを経て、2代目が現行モデルとなった「BMW 4シリーズ カブリオレ」。

それぞれの年式の違いについて詳しくご紹介していきます!

 

初代「BMW 4シリーズ カブリオレ」の特徴

「BMW 4シリーズ カブリオレ」は、プレミアム・オープン・カー・セグメントである「BMW 3シリーズ カブリオレ」の後継として登場。

 

日本では、2014年2月に下記3グレードの発売が開始されました。

  • 435i カブリオレ
  • 435i カブリオレ M Sport
  • 435i カブリオレ Luxury

 

3グレードとも、3L 直列6気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。

最高出力225kW(306ps)、最大トルク400Nm(40.8kgm)を発揮し、0-100km/h加速は5.5秒を誇ります(※ヨーロッパ仕様車値)。

 

2014年11月には安全装備がさらに充実し、「アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」を標準装備。

 

2016年4月、最高出力240kW(326ps)、最大トルク450Nm(45.9kgm)とパワーアップした新世代のガソリン・エンジンを採用。

ラインアップは「440i カブリオレ M Sport」「440i カブリオレ Luxury」の2種類のみとなりました。

 

2017年5月にBMW 4シリーズのマイナーチェンジがあり、BMW 4シリーズ カブリオレもエクステリア・デザインや装備の変更で、スポーティかつダイナミックな存在感をさらに強化。

インテリアにおいても、「マルチ・ディスプレイ・メーター・パネル」「HiFiスピーカー・システム」を標準装備し、室内空間の快適性がさらに向上しています。

 

さらに、2017年8月には革新的な総合テレマティクス・サービス「BMWコネクテッド・ドライブ」が標準装備されました。

 

初代「BMW 4シリーズ カブリオレ」基本モデルのスペック

初代「BMW 4シリーズ カブリオレ」の「440i カブリオレ M Sport」のスペックを参考に紹介します。

  • 全長×全幅×全高(mm):4,670×1,825×1,385
  • ホイールベース(mm):2,810
  • エンジン:直列6気筒DOHCガソリン
  • 総排気量(cc):2,997
  • 最高出力(kW [ps] /rpm):240 [326] /5,500
  • 最大トルク(Nm [kgm] /rpm):450 [45.9] /1,380

 

2代目「BMW 4シリーズ カブリオレ」の特徴

フルモデルチェンジした2代目「BMW 4シリーズ カブリオレ」は、日本仕様は2021年2月に発売されました。

 

ラインアップは「420i カブリオレ」「420i カブリオレ M Sport」。

高効率な2L 直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンを搭載し、最高出力135kW(184ps)、最大トルク300Nm(30.6kgm)の優れたパフォーマンスを発揮します。

0-100km/h加速は8.4秒です。※ヨーロッパ仕様車値

 

テクノロジーも進化しており、iPhoneによる車両のロック解除・施錠、エンジン始動が可能な「BMWデジタル・キー」が採用されました。

 

そして、2021年2月には、サーキットでの走行を可能とするMパフォーマンス・モデル「BMW M440i xDrive カブリオレ」がラインアップに新たに加わりました。

 

エクステリアの随所にMパフォーマンス・モデル専用色のセリウム・グレーを採用することで、エクスクルーシブなデザインをさらに際立たせています。

 

BMW M440i xDrive カブリオレには、3L 直列6気筒BMW Mツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンを搭載し、最高出力285kW(387ps)、最大トルク500Nm(51.0kgm)もの強烈なパワーを実現します。

0-100km/h加速はなんと4.9秒!※ヨーロッパ仕様車値

 

BMWのインテリジェント4輪駆動システム「BMW xDrive」や、Mスポーツ・ディファレンシャルを標準装備し、オンロードでもオフロードでも最大限のドライビング・ダイナミクスを発揮します。

 

2代目「BMW 4シリーズ カブリオレ」基本モデルのスペック

2代目「BMW 4シリーズ カブリオレ」の「420i カブリオレ」のスペックを参考に紹介します。

  • 全長×全幅×全高(mm):4,775×1,850×1,395
  • ホイールベース(mm):2,850
  • エンジン:直列4気筒DOHCガソリン
  • 総排気量(cc):1,998
  • 最高出力(kW [ps] /rpm):135 [184] /5,000
  • 最大トルク(Nm [kgm] /rpm):300 [30.6] /1,350-4,000

 

 

「BMW 4シリーズ カブリオレ」の変遷を知って自分に合った車を選ぼう

2代目モデルが展開されている「BMW 4シリーズ カブリオレ」。

ルーフを開けるとオープンモデルとなり、ソフトトップを閉じれば、流れるような美しいルーフ・ラインを持つエレガントなクーペ・スタイルになります。

ダイナミックな走りをサポートする安全機能・運転支援システムやコネクティビティ機能なども充実している、魅力的なモデルです。

 

今回の年式紹介を参考に、ライフスタイルに合わせたベストな1台を選んでくださいね。

 

「BMW 4シリーズ カブリオレ」については、こちらでさらに詳しく解説しています。

ぜひ合わせてご覧ください!

BMW4シリーズ カブリオレの魅力全貌!スペックから性能までご紹介

 

閉じる