BMW 駆け抜ける喜び

BMW COLUMNBMW コラム

YANASE BMW
Official Information Site

2020.08.04

BMW X6 Mの魅力全貌!スペック・デザイン全特徴をご紹介

ヤナセBMWの増田です。

 

以前「BMW X6の魅力全貌!スペック・デザイン・性能すべてをご紹介」でもご紹介した、BMWが提唱するSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)の原点ともいえる「BMW X6」。

 

他のXシリーズ同様、奇数モデルであるBMW X5よりアグレッシブな走りを追求した一台が「BMW X6」です。

 

そんなBMW X6のM sportモデルと比較し、さらにスポーティネス・タフネスな走りを追求したのが今回の主役「BMW X6 M」です。

以前ご紹介した「BMW X5 M」と共有部分は多いものの、よりスポーティーに重きを置いたモデルとして登場しました。

 

今回はそんなBMW X6 Mの魅力や特徴、スペックについてお話していきます。

山道を走行するBMW X6 M

 

 

BMW X6 Mの魅力はここ!最初にまとめると

BMWのSUV史上最も支持されている「BMW X5」の流れを汲んだのが「BMW X5 M」。

そのX5 Mの足回り性能はそのままに、よりスタイリッシュでスポーティネスになったのが「BMW X6 M」です。

 

クーペならではの流麗なボディラインを活かしつつも、スポーツカーの枠に収まらないアグレッシブな走りが何よりも魅力。

 

もちろんスポーティネスを基軸とし、あらゆる地形を快適に走行するタフネスさを兼ね備えたV型8気筒Mツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンの実力は折り紙付きです。

0~100km/h加速は3.8秒という驚愕のスピードで、様々なシチュエーションに対応するBMW X6 Mは、ドライバーのみならずすれ違う人の視線も惹きつけて止まらない一台といえます。

 

BMW X6 Mの歴史、デザイン、操作性

BMW X6 Mは2009年にBMW X6 シリーズのMモデルとして追加ラインナップされ、翌2010年に第二世代にリニューアル。

2020年3月にフルモデルチェンジしたばかりの第3世代が現行モデルとなっています。

 

BMW Xシリーズの中では先発モデルでありつつ、X5と共に発表・リニューアルされてきた歴史を併せ持ち、後続モデルの礎となる部分も多いのが特徴です。

 

キドニー・グリルからダイナミックに傾斜したルーフ・ライン、スポーティなフォルムが際立つリヤへと続くエクステリアのデザインは、力強く独創的なスタイルを強調。

その後のXシリーズMモデルの象徴とも成りつつあります。

 

インテリアにはMモデル特有のアレンジが豊富にあしらわれており、まずは随所に散りばめられた「X6 Mロゴ」がドライビングへの高揚感を刺激します。

 

ドライバーや同乗者を刺激から守る「M マルチファンクション・シート」も、BMW X6 M独自カラーのブラック/ミッドランド・ベージュのフル・レザー・メリノ/アルカンタラ・コンビネーションを採用しており、黒と差し色のバランスの良さが目を惹きます。

 

その他、渋滞時にドライバーの負担を軽減する「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」など、安全性能が高いのも魅力といえますね。

 

 

BMW X6 M、ラインナップごとのスペックや特徴

邸宅の前に駐車するBMW X6 M

BMW X6 Mは2020年8月現在、日本国内での「BMW X6 M(standard)」の発売がなく、「BMW X6 M competition」のみの単一モデル1グレード展開となっています。

詳しい特徴やスペックについて、ご紹介していきますね。

 

BMW X6 Mの性能、グレードの特徴

BMW X6 M Competition

4.4LV型8気筒DOHCガソリンエンジンで、最高出力 460kW〔625ps〕/6,000rpm、最大トルク750Nm〔76.5kgm〕/1,800-5,860rpm。

 

2基のターボチャージャーは、最適なレスポンス特性を備えるクロス・バンク・エキゾースト・マニホールドにより、他のXシリーズよりもさらに際立った性能を発揮できます。

 

Mモデルの名に相応しいサーキットでの過酷な環境にも対応する設計となっており、その走りを堪能できるシート仕様が、これから始まるドライブの高揚感を刺激します。

 

 

BMW X6 Mのスペック一覧

BMW X6 M competitionのスペックは下記の通りです。

 

寸法

 

※トレッドは装着するホイールによって変更になることがあります。

 

エンジン

BMW X6 M エンジン

 

価格

BMW X6 M 価格

BMW X6 Mは、5ドア仕様です(消費税抜き、2020年4月現在) 。

 

 

「BMW X6 M」は他にもこんな魅力がたくさん!

BMW X6 Mはスポーティネスかつ、大きめボディでありながらもタフネスな走りが魅力的。

そのドライビングを最大限に映えさせる、多彩でエクスクルーシブな装備があります。

 

個性あふれるエクステリア・インテリアは乗り込む前から周囲の視線を釘付けにし、ひとたび車内に乗り込めば、ドライバー志向のコックピットをスポーティでエクスクルーシブな雰囲気で満たします。

 

ボディカラー

ボディカラーは以下のラインナップです。

 

アルピン・ホワイト、ミネラル・ホワイト、ドニントン・グレー 、 マリナ・ベイ・ブルー、トロント・レッド、マンハッタン、ブラック・サファイア、カーボン・ブラック

 

※ BMW INDIVIDUALのカラー設定は各ディーラーにお問い合わせください。

 

 

タイヤ

21インチ / 22インチ M ライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・ スタイリング818M

 

 

エクステリアとインテリア、ドライビングサポート

BMW X6 Mは、エクステリアにもインテリアにもタフネスな走りを期待させるデザイン。

 

骨太なブラックカラー仕上げのフレーム+ダブルバーのキドニー・グリルにもMロゴが備え付けられており、シリーズの中でもハイグレード車種らしい圧倒的なパワーを醸し出します。

 

ドライバーと助手席の同乗者を優しくしっかり包み込む「M マルチファンクション・シート」は、シートカラーを変更すればラグジュアリーな印象にも、カジュアルな印象にもイメージチェンジすることが可能です。

 

BMW X5 M同様に「スカイ・ラウンジ・パノラマ・ガラス・サンルーフ」や「 Bowers & Wilkins ダイヤモンド・サラウンド・サウンド・システム」「M スポーツ・エキゾースト・システム」といった、ドライバー主体で走行時や停車時を問わず車との一体感を楽しむことができる機能も搭載されています。

 

そして、各種ドライビング・アシストも充実。

ドライブ中のナビゲーションをフロントガラス上に表示する「BMWヘッドアップ・ディスプレイ」では、ドライバーの視点移動を最小限に抑え、運転に集中しやすくさせてくれます。

 

高速道路渋滞時に役立つ「ハンズ・オフ・アシスト」「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」や「衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避アシスト付)」を含む「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」により、2t越えのワイドボディでありながらも運転しやすい仕様となっているので安心です。

 

 

「BMW X6 M」はモータースポーツ由来の走りを楽しむ一台!

「BMW X6 M」はBMWのXシリーズの王者・BMW X5 Mと共通部分の多い仕様となっています。

クーペモデルならではの流線形が繰り出すスタートダッシュは、BMWの車両全体をもってしても最高峰の一台といえるでしょう。

 

また、ボディカラーなどのオプションに関して、BMW X5 Mよりアレンジのバリエーションが広いのもBMW X6 Mならでは。

 

BMW X6 Mなら、いずれのモデルよりもスポーティネスな走りを堪能することが可能です。

 

ぜひ一度ご来場・ご試乗くださいね。